行事予定・報告

平成25年迎春賀詞交歓会

平成25年賀詞交歓会

(社)県建設業協会水戸支部(尾曽正人支部長)は17日、2013年(平成25年)賀詞交歓会を水戸市青柳町の県建設技術研修センターで開催。出席した支部員は、本年の飛躍と地域社会へのいっそうの貢献を約し合った。
新年あいさつで尾曽支部長は、新政権が大型の経済対策、補正予算案を打ち出したことに期待を表明するも、採算に合わない工事受注では景気浮揚、雇用創出に結びつかないと懸念し、現状に合った予算付けを念願するとともに、会員にも理解を求めた。
さらに「自然災害が多発するわが国で被災後に出動しているのはわれわれ地元の建設業団体であり、このことは大震災からの復旧・復興で実証されております。われわれは地域になくてはならない団体であり、絶対に必要な存在でありますので、自信と誇りをもって進んでまいりたい。また、業界の元気になり、地域が発展していくために会員の増強にも積極的に取り組んでいきたい。皆様の一層の発展、ご健勝、ご多幸を祈念いたします」と新年の抱負を述べた。
来賓では、県建設業協会の岡部高明事務局長が「本年度も会員企業の経営安定、技術の研さん、労働環境の改善、労働災害の撲滅などに努め、さらに社会貢献活動やイメージアップ活動などの積極的な取り組みを図っていくとともに、さらに社会資本整備の重要性とそれを担う建設業の役割を県民・社会に正しく発信していく」との岡部英男協会会長のメッセージを披露した。
この後、県建設技術管理センターの羽部道紀専務理事による発声で出席者全員が乾杯。祝宴に移り、和やかに親睦を深め合うとともに今年一年の飛躍を誓い合った。

日時 平成25年1月17日(木)
午前11時30分受付 12時00分開宴
場所 茨城県建設技術研修センター 3階 大ホール
水戸市青柳町4193
電話番号:029-228-3881

平成25年賀詞交換会の様子