行事予定・報告

地震等緊急時道路パトロール実施要項説明会を開催しました

5月20日、地震等緊急時道路パトロール実施要項説明会を茨城県建設技術研修センターで開催しました。

冒頭、水戸土木事務所の鯉淵宏一所長は「災害時に迅速な初動対応に移行できる態勢を構築することが大切。新たな細目協定により、震度4以上の地震発生時に水戸支部員による道路パトロールが実施される。災害時の初動態勢がこれまでより一層強化され、大変心強く感じている」とあいさつ。
下田徳行副支部長は、災害に強い県土づくりに貢献する良質な工事を行い、緊急時に出動できる態勢をとり地域の安全・安心を守っていかなくてはならないと説明した上で「建設業は国土の守り手であるという誇りを持ち、一致団結して取り組んでほしい」と呼びかけました。

説明会では、水戸土木事務所の小林勇道路管理課長が道路パトロールを実施する基本条件や方法などを詳しく解説しました。