茨城県の史跡紹介

保和苑

由緒・沿革

保和苑は、大悲山保和院桂岸寺に隣接する庭園で、遠く元禄時代、徳川光圀公が寺の庭を愛されて保和園と名付けられたのが始まりといわれています。
その後昭和初期に、周辺の住民らが中心になって保存会を結成して改修を進め、池に築山を配置し桜やツツジを植えて現在の庭園の原形を作り、名前を「保和苑」と改めました。
昭和25年、桂岸寺より水戸市へ移管されたことにより、昭和36年地元と市による保和苑振興協議会(現在は保和苑周辺史跡観光連絡協議会と改名)が発足し、運営されています。昭和30年代に当時の住職の妻が中心になってあじさいを植え始めたましたが、それが現在では約60種6000株以上になります。初夏になると、苑内のあじさいが咲き競い「水戸のあじさいまつり」が盛大に開催されます。

基本情報

所在地 茨城県水戸市松本町13-19
交通 JR常磐線JR水戸駅より バスで「保和苑入口」下車

一覧へもどる